ツキナミ

アジアと南の島とニュージーランドが大好きな 千葉産関西住み女のなんてことない毎日の記録。

2017.12.12(Tue.)USJまでお買い物

午後遅くなってから忘年会のビンゴ大会景品を買いにUSJへ向かう。鶴見緑地線の大正経由でユニバーサルシティへ。 

f:id:manaia:20171212233846j:plain

 

f:id:manaia:20171212233854j:plain

沖縄からの移住者の方が多くリトル沖縄とも言われている大正地区。JRの発車メロディは「てぃんさぐぬ花」、そして案内板にもシーサー。

 

 

f:id:manaia:20171212233851j:plain

ゆるキャラブームはあまり好きではないけど、このICOCAのイコちゃんとくまモンだけは別格。ふてぶてしそうな顔と体形が非常によろしい。

 

f:id:manaia:20171212233856j:plain

大正から西九条を経由してユニバーサルシティ駅で下車。いきなり周囲の平均年齢が30歳くらい下がる。今日のUSJの営業は21時まで、更にワンダー・クリスマスの時期なのでこの時間でも入場者が多い。皆、学校帰りに来るんだね。

 

f:id:manaia:20171212233858j:plain

 

f:id:manaia:20171212233900j:plain

 

f:id:manaia:20171212233902j:plain

夕暮れのUSJはそれなりにいい雰囲気だけど海風が強い。おまけにこの日は日中の気温も低かったのでさっぶい!それでも周囲の子たちはミニだったりショートパンツだったりで、若さって素晴らしい。そういえば遠い遠い昔の10代の頃、私も2月の東京ディズニーランドにミニで行った事があったなあ…と遠い目になった。

 

f:id:manaia:20171212233904j:plain

 

f:id:manaia:20171212233908j:plain

檻越しになんかいた。

 

f:id:manaia:20171212233906j:plain

チケットブース周辺にも映画音楽が大音量で流れてて高揚感溢れる雰囲気。ニュージーランドに住んでいた時に観に行った「ジュラシックパーク」のテーマが聞こえてきた時には、当時の事を思い出してホームシックならぬニュージーランドシックになり涙ぐみそうになる。

 

f:id:manaia:20171212233912j:plain

…と思ったら今度はおなじみ「E.T.」のテーマが流れる。異形のものが人間と交流する、というストーリーに弱い私。普段悲しい映画を見ても泣かないのにこの映画を観た時はダダ泣きした。こんなに迫力ある音量でテーマ曲流されるとまた涙ぐんじゃうじゃないか誰か止めて。*1

 

f:id:manaia:20171212233915j:plain

若者に溢れる中、おばさんが一人で涙ぐんでいるのも異様なのでさっさと景品用の入場チケットを買う。でも30分も並んだ。

 

f:id:manaia:20171212233916j:plain

吹きすさぶ海風の中に立っていたら冷えすぎて頭が痛くなってきたので、サンマルクでロイヤルミルクティー。

 

さて職場へ戻るよ。

f:id:manaia:20171212233918j:plain

 

f:id:manaia:20171212233920j:plain

JR大正駅から市営地下鉄の大正駅に移動中、良さげな立ち呑み屋さん発見。直帰なら寄っていけるのに。

 

事務所に戻って残務を済ませて19時半頃退勤。

f:id:manaia:20171212233921j:plain

本日4度目の松屋町駅。

*1:ちなみに他に泣いた映画というと「ワンピース」でチョッパーがルフィー達と出会う話。あと、映画じゃないけど「スノーマン」の絵本で最後にスノーマンが溶けちゃったところで泣いた事あり。なぜにこうも異形のものに弱いのか